家を建てるとき、色々調べなくても失敗しなくなるブログ

28歳で注文住宅を建てました。本当に調べることが多過ぎて大変でした。実際に建てながら考えたことなので、情報サイトより体張ってます笑。質問があれば、お気軽にコメントして下さい。

Step①家を見てまわる:住宅展示場は、魔の巣窟である。

【住宅展示場】

家を建てようと身構えず、とりあえずアトラクションとでも思って、住宅展示場を見て回ってください。(当たり前)

しかし、注意事項があります。

営業マンの話は半分だけ聞いてください。

詳しいのは当たり前。他社の悪口も当たり前。

いいことしか言わないのも当たり前。

土地がなくなりますやキャンペーンやってますも当たり前。

金利が今お得や他のお客さんには伝えていない特別も当たり前。

お客様だとうちでくらいでしか買えませんよ等・・・

気持ちが急かされたと感じたら落ち着いて。相手も商売、気を遣う必要はありません。

「まだ購入するのは先なので、見て回ってるだけです」とでも言ってあしらってて下さい。
お子さんがいるなら、キャラクターショーのイベントついでにプレゼントを貰うくらいの気持ちでいいでしょう。

資金計画とか土地とかの情報は、この段階では重要ではありません。

断熱やシステムの説明、家の間取りのアイディア等は、参考になるので聞く。情報を多く仕入れることを重視してください。
住宅展示場は、こちらから都道府県ごとに一括して調べれます。

全国住宅展示場一覧

 

 

【実寸サイズの家を回る】

展示場の家はあくまで展示用なので、実際の家とはかけ離れております。

「あーこんな感じなんだねー」くらいで、深く考えないように見て回るのがベストです。

住宅展示場の家は、あくまで参考。

次は実寸サイズの家を見て、実際住む家の縮尺を確認しましょう。

建売の住宅展示や住宅完成見学会に、積極的に参加したらいいでしょう。

便利なのは、やはりSUUMOですね。

【SUUMO】 [完成見学会]を探す | 注文住宅


無料で体験宿泊をしているメーカーがあるので、一度泊まってみるのもオススメ!

生活導線はもちろんですが、キッチンやカップボードの使用感を確認したほうがいいでしょう。子供達も喜びますし、テンションも上がります。
遠出した時のコテージの代わりとしてとってもいいかも。
ただ、終了後に色々と説明を聞く必要があるので、その時間も確保しておきましょう。(この時、気になることがあればどんどん質問しましょう)

その家が最高に気に入れば、とりあえず土地を探してもらっていいですが、手付金や後日すぐ電話で急かしてくるようであれば、無視しましょう。

なお、住宅展示場のメーカーだけではなく地場の住宅メーカーを中心に調べてみると、大手住宅メーカーよりも、自分たちに合う住宅が見つかるかもしれません。

Google検索で、

「体験宿泊 ハウスメーカー 〇〇県」

と調べていただければ、ヒットすると思います。

 

【まとめ】

まずは、「家を買う!」と身構えるよりも、住宅展示場や完成見学会はついでで、おでかけを楽しみつつ夢の家のイメージを具体的なイメージへと作っていくことが大切です。たくさんの家に出会いましょう。それに専門知識は入りません。実寸大の家を見て、イメージができればいいのです。

また、夫婦でイメージが合わないこともあると思いますが、多くの家を見ることで、少しずつ、理想の家の形が見つかることでしょう。